×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

山陽新聞 これが実配部数だ!

山陽新聞の情報
これは山陽新聞岡山東販売株フ売センターの部数一覧表である。この表を見ると一目瞭然である。前月の1月から比べると1218部減っている。15573部の約8%にもなる。高島東センターが消えてなくなったようなものだ。三勲、平井東など200部以上減らした販売センターも存在する。これを見て折込チラシや紙面広告のスポンサーはどう思うだろうか。
この当時、平井東販売センターの折込定数は2350枚、三勲販売センターは1800枚である。
本当に読者が減ったのか、今まで押し紙として新聞仕入原価の支払いを余儀なくされていた部数を減らしたのかは定かではない。しかし、不思議なことに販売会社が設定する目標数とすべて一致している。

段ボールにはスポンサーから料金だけを受け取り、読者に配達することなく廃棄される折込チラシが入っている。1箱には約5000枚のチラシが入る。金額にして1万円から1万3千円くらいになる。これを週に4回岡山市内の中心部の販売店を回る。トラックには約70箱が積載されている。約70万円になり1か月では1千万円を超えるとみられる。これが岡山市内全域や県全体になれば、被害金額は算定不可能な莫大なものになる。このなかには税金でつくられる県の広報紙「晴れの国おかやま」なども含まれる。昨今、新聞社は食品偽装などを紙面で書き立てるが、裏に回れば会社ぐるみで詐欺をはたらいている 。これが真の姿である。山陽新聞,押し紙,環境破壊,山陽新聞販売,折込,チラシ,岡山県,新聞販売黒書

南輝支店定数

 新聞定数は1875部 折込定数は2650枚

高島支店の場合は、対前年でー28部、目標からだとー42部になる。それに比べて高島東センターは、平成18年10月数で見ると、対前年で+19部、目標からは±0である。
販売会社と販売センターは、信頼関係で成り立っているからこういう結果になるのか。それとも支店の社員は何かにうつつを抜かしているのか?山陽新聞,押し紙,環境破壊,山陽新聞販売,折込,チラシ,岡山県,新聞販売黒書


下記の表(定数表・業務日誌)の福島支店を例にあげると、対前年でー74部、目標からだと-65部になっている。
支店長の話によると、折込チラシは3050部で全読者に配達できるという。
しかし、折込定数は4100枚(現在は3950枚)である。一つの支店で約1000枚が廃棄されている。
山陽新聞,押し紙,環境破壊,山陽新聞販売,折込,チラシ,岡山県,新聞販売黒書




仮に折込スポンサーが、山陽新聞販売鞄烽フ下記の販売センターに2円60銭の折込チラシを入れた場合。
新聞が1部も販売所に余っていないと仮定して、ちょうど1万円分の折込チラシを廃棄されていることになる。
その1万円は、販売会社鰍フ収入になっている。実際には、販売店に配達されない新聞が、かなりの割合で存在するため、被害金額の算定は不可能である。
 折込スポンサーに、各販売店の新聞定数は提示されないが、なぜそうなのかは、この一覧表を見れば一目瞭然だろう。山陽新聞,押し紙,環境破壊,山陽新聞販売,折込,チラシ,岡山県,新聞販売黒書



平成18年11月販売センター定数表
販売センター
ネオポリス
岡輝
新保
北方
玉柏
新聞定数
1,549
1,876
1,880
1,430
750
折込定数

2,300
2,200
1,700
950
廃棄分

424
320
270
200






販売センター
花尻
豊成
野田
清輝
三勲
新聞定数
880
1,545
1,050
1,299
1,682
折込定数
1,000
1,750
1,300
1,450
1,800
廃棄分
120
205
250
151
118






販売センター
新屋敷
平井東
平井西
高島東
浦安
新聞定数
1,751
2,153
1,607
1,283
1,712
折込定数
1,950
2,350
1,750
1,500
2,000
廃棄分
199
197
143
217
288






販売センター
石井
浜野
鹿田
州崎
新聞定数
1,140
1,269
1,361
1,220
1,781
折込定数
1,350
1,300
1,550
1,300
2,050
廃棄分
210
31
189
80
269





合計 29,261

廃棄分3,881
☆ネオポリスは除外
☆岡輝は現在支店       豊成 野田 清輝は現在本店管理
                                                                                                             





折込チラシ詐欺の実態
では実際に、広告主が発注したチラシ枚数と新聞の実配部数には、どの程度の差があるのか、山陽新聞を例に検証して・・・
公共の折込チラシについても、やはり同じように水増し・・・
晴れの国おかやま(3月) チラシ枚数2350枚 水増し枚数650枚・・・
続きは→http://www.amazon.co.jp/
山陽新聞,押し紙,環境破壊,山陽新聞販売,折込,チラシ,岡山県,新聞販売黒書